2016年06月19日

『懐かし文房具』見つけます!!?

昨日 amazonに頼んであった本が2冊届きました〜
  きだてさん本.jpg
 きだてさんの『日本懐かし文房具大全』タツミムック刊 と
 たいみちさんの
 『古き良きアンティーク文房具の世界〜明治・大正・昭和の文具デザインとその魅力』誠文堂新光社刊

 え〜っと たんたんは 別名“消しゴム屋”なので
 消しゴムの載っているページをピックアップしてみました。
  
 きだてさん本2.jpg
 きだてさんの本に載っている消しゴムの一部は
 われらが!!まゆぷ〜さんが 素材協力しているんですよ〜

 たいみちさん本.jpg
 たいみちさんの本にのっている文房具たちは 消しゴムに限らず オトナの魅力たっぷりですね。

 私の写真がヘタすぎて ゴメンナサイ(>_<)  
 実物はもちろん!!
 2冊とも もっともっと素敵な写真が満載で パラパラめくってながめているだけでも
 シアワセな気持ちになれます。
 ぜひぜひ 実物を手に取って ご覧ください。

 さてさて そんな中
 3月のイベントをきっかけに作った 
 『文房具図鑑』健ちゃんのお母さんこと香さんと まゆぷ〜さんと 私のグループトーク上に
 香さんのお友達からこんなおたずねがあったと。
           ↓
 「私が小さい時に、消しゴム集めをしていてね。
  すごく小さいクレヨン型(円柱)の消しゴム知ってる?
  透明のケースに収納できるの。そのケースがバッグ型や家の形をしていて
  かわいくて使えなくて…思い出したら欲しくなっちゃった」(香さんの友人談)

  小さいクレヨン型(円柱)の消しゴムといえば あれだな〜
  レモン社のプチッコカラー消しゴムみたいなやつかな?…と私。
  さっそく画像を送りました。
   ぷちっこ.jpeg

  すると その直後に まゆぷ〜さんから
  弾丸のように 次々と 画像が送られてきました〜
  
   クレヨン.jpeg

  クレヨン3.jpeg

  クレヨン4.jpeg

  クレヨン2.jpeg

  すごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!
  さすが まゆぷ〜さん!!!!!
  
              一瞬でビンゴです!!!!
              これはもう 歩く消しゴム図鑑や〜♪

              
 
                 
       その後 香さんが お友達に画像を送って確認したところ 
              正解は やはり こちらでした
                    ↓↓
    クレヨン4.jpeg  

   そして これって なんか 番組になりそうだね〜??    
   『思い出の消しゴム探します!』みたいな??
        …なんて 3人で勝手に盛り上がっていたのでした。

   きだてさんの本にも書いてありましたが
   “小学生にとって 文房具とは、学校で授業を受け、塾で勉強し、
自宅で宿題に使うもの。
    要するに、生活圏のすべてに文房具が関わっている。
それなら、小学校6年間の想い出は
    文房具に直結しているのではないか ”(あとがきより)

   文房具って タイムマシーンみたいに
   それを見るだけで 過去の想い出や風景に一気にもどることが出来るよね って
   話していたのでした。

   それにしても…
   30年近い年数を経ても この消しゴム(性能上の退色ということではなく)
   全然色あせていない。
   今 見ても じゅうぶんにかわいいし 
   昔を懐かしむオトナのワタシじゃなく 
   たんたんにやってくる小学生たちにとっても 
   きゃーかわいい!!欲しい!!って思える商品だと思う。
   
   それどころか
   キャラクターものは禁止とか 
   四角くて よく消える消しゴムを持ってくるようにと
   学校から指示が出ちゃったりする昨今だから 
   なおさら 魅力的に思えるよね〜

   たんたんが “消しゴム屋”だから言うんではありませんが
   こういうの もっと 復活してほしいよね〜。
   オトナが懐かしんで買う“復刻”ではなく イマの子どもたちのためにね。
 
   こういう消しゴムとか きだてさんの本に出てくるようなおもしろ系の文房具は
   おもちゃじゃん? って 片づけられちゃいがちだけれど
   おもちゃとは違って ギリギリ文房具だから
   消す道具 鉛筆をしまう道具として 学校にもっていける。
   それに何を選ぶのかで  
   自分の個性の見せ所になったり 哀しいかな貧富の差を自覚させられたり… 
   だから面白い!!んだよね。
   
   食べたらなくなっちゃう駄菓子ではなく
   高額なおもちゃやゲームソフトでもない
   高額だからって エライわけじゃない
   お小遣いの範囲でできる 自己表現勝負?? 
   それが 文房具なんじゃないかな〜っていう気がします。(ちょっと大げさか(笑))

   だから 
   リーメント社とかが リアルでよくできた消しゴムコレクションを作って食玩として
   発売してくれるのも 嬉しいんですが
   やっぱり 文房具メーカーが 昔みたいに
   バカみたいだけど 楽しくて ファンシーで 夢のある 
   それでいて ちゃんと文房具としても使える文房具を
   もっともっと作ってほしいな〜と 思う店主でした。 

   懐かし文房具に 一番近い?? ファンシー路線
   これからも 突き進んで行きますよ〜 たんたんは!!

                あれれ? タイトルとちょっとズレちゃったね?)^o^(
posted by 店主  at 15:43| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

丁寧な仕事

ずっと作りたかった たんたんオリジナル 
        “切れてるかまぼこ消しゴム”
   きれてる8.jpg
             と
        “BOOK型消しゴム”
    4ブック5.jpg

とってもかわいく仕上がって 大満足の店主ですが
実はこれらの消しゴム…けっこう手間がかかっているんです。

こんな風に どどどどど〜ん と 納品された かまぼこ消しゴムを
      かまぼこ納品.JPG

    1枚1枚やすりをかけたミニサイズの板の上に5個ずつ並べて
    透明の袋に入れる……んですが 袋がぴっちぴちのジャストサイズなので
    かなり大変(>_<)

    BOOK型消しゴムも 外箱を 1つ1つ 手作業で組み立てて
    消しゴムをセットしたら これまた透明の袋に入れる…んですが
    ただ入れればいいってもんじゃない。背表紙の本のタイトルが見えやすいように
    入れ方を調整します。

 ・・・・こうした作業をお願いしているのは sakoさん。
 sakoさんの手にかかれば
      ミニオンズの消しゴムも
      大びん3.jpg
      
       こんな風に!! かわいさ倍増☆☆
      大びん4.jpg 

ともかく丁寧で しかも 可愛く仕上げてくれるので
本当に助かっています。
sakoさん 何か魔法でも使っているのかな?(笑)

      できあがって納品された
      BOOK型消しゴム と  切れてるかまぼこ消しゴム       
      sakoさん.JPG
       ♡ぎゅうぎゅうに 詰まっている様子がなんともいえず可愛い♡
     
    次は “鉛筆キャップくじ”を企画中です。
         sakoさん! いつもの魔法をよろしく頼みます。
                                 お楽しみに♪
posted by 店主  at 03:40| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 店主の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする